読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生初ミシンが欲しくなる。

f:id:fetiaminami179:20170524011936j:image

f:id:fetiaminami179:20170524011943j:image

f:id:fetiaminami179:20170524012311j:image

▲絶賛衣装製作中!

いまさら、って感じなんだけども、絶賛衣装製作中です。しかしながら構想を練って終わりました。厳密に言うと作りたいものへの知識がなさすぎてきちんとできなかった。人生初ミシン欲しいと思いました。

今週末に間に合うのか、、、。衣装というよりファッション的な感覚の方がいいのかもしれない。悪魔のファッショニスタが練り歩く、的な総合芸術を目指す。衣装もバランスだからなかなか難しいね。

 

▲ダンスへの探求

ダンスに関して、初心に戻りたい気持ちが強くバレエの体験レッスンに行くことにした。きっとわたしのファウンデーションはスカスカだから、きちんと積み重ねていかないとこの先伸びないだろうなと感じている。オリジナリティの説得力を裏付けるのは基礎力。

 

▲他山の石

比べるのは良くないといいながら、比べてしまう日もある。だがしかしながら、やはり自分にしかできないこともあると確信したりする。

わたしはやりたい放題やって来たかもしれないが、それでも意志を持ち強くやってきた。ただ今回のものたちに関して、やはり、メッセージが弱いというウィークポイントがある。もっと強烈なメッセージ。。。

 

 

🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱

metal instrumental band

”OZ band”のNEW single”Arabia in the fog”に、ダンサーとして出演させていただきました!

 

▽ちぇけら!

https://youtu.be/vxgJPtYleXw

ヘビメタとベリーダンスのコラボ!是非お見逃しなく!

 

💍💍💍💍💍💍💍💍

 

モニカみなみ出演情報

5/27(土曜日)

Design Festa vol.45

http://designfesta.com

@お台場 ビックサイト

ショースペースにて

 

14:20〜14:25

百仁華 舞踏

で出演いたします!!!!

今回はさらに進化したモニカの踊りの世界をお見せします。みなさんぜひお越しくださいませ。

 

 

🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱

 

PVダンサー、ショー企画などのご依頼は

minamiuwano☆gmail.comまでどうぞ♥️

お気軽にご相談くださいませ。

※☆マークを@に変えてね!

 

 

モニカみなみ

 

 

 

OZ bandのPVが公開されました!!くそかっこいいです!!!

この度ダンサーモニカみなみは、ヘビーメタルインストルメンタルバンド”OZ BAND”のPVにダンサーとして参加させていただきました‼️

 

f:id:fetiaminami179:20170523005616p:image

 ▽PV視聴

https://youtu.be/vxgJPtYleXw

 

▽OZさんのブログ記事

http://lineblog.me/oz_guitar/archives/438267.html

 

いやほんとまじくそかっこいい!!!!!!

自分の踊れなさが際立ちもっともっと頑張らねばと感じた。。。存在感というか、曲の圧倒的なバイブスは表現できたと確信しているけども。。。

 

音楽って素晴らしいよな、と再確認した日。

わたしは音楽がないと踊れない。

振り付けも踊れない。

しかしながら思い出したのだけど、振り付けが踊れないんでなく、変な振り付けが踊れないだけ。つなぎが自然な踊りは振り付けも大丈夫。

 

 

ミュシャ展を観に行って

ミュシャ展を観に行きました。今回は、チェコ以外では世界初の、スラヴ叙事詩の公開。とても大きな、100号200号は軽く超える絵がたくさんあり圧倒された。ミュシャ自身は、新渡戸稲造みたいなおじさんでした。アニメ的な描き方が多く、日本人好きそうだなと感じた。ポスター系は特にそう。昔、ミュシャのカレンダーを親が買ってきてくれて、その髪の毛の描き方が斬新でたくさん真似してかいていた記憶がある。

影響を与える人はかなりの社会貢献者だ。

 

 

▲絵を描く手段を取っているだけで結局は思想家や政治家、哲学者と変わらない。

芸術家は、絵を描くという手段を用いた”思想家”であるということを学んだ。発端はこういう絵が描きたい、かもしれないが、結局は社会へ向けたメッセージだ。時代の風刺、民俗の誇り。全てをかけて絵に込める。無言の抵抗だ。そうならば、わたしの作品はまだまだ、自分に生ぬるい感覚で描いているに過ぎないと悟った。わたしは何がしたいのか、何を伝えたいのか。。。

メッセージ性が足りない作品が多い、と自分の作品に感じていたからこそ、とても教訓になった。

 

▲これからはじまるわたしのアート

アートというとおしゃれな感じだが、要は芸術論だ。わたしが奏でる芸術論。それは、人間自らが宇宙であり全てが身体に入っているということ。DNAの中に組み込まれた世界には、数学、哲学、全てをつなぐ数式がありそれが芸術であるとわたしは証明する。

そこがわたしの喜びであると最近悟ったのである。

 

 

モニカみなみ

みんな闘っているのだよ。。。

わたしのブログは、ひたすらに感じたことをだらだらとゴールもスタートもなく書くもの。だからなにかtargetを持って読む人には苦痛だと自負している。

カテゴリー分けすることが嫌いなわたしだから、カテゴリー分けすることを拒否したブログだ。

 f:id:fetiaminami179:20170522004727j:image 

▲日常にひそむアート▲

 

最近感激したアートは、トイレアート🚽

やっぱりトイレアートに勝るものがなかなかない。いや、トイレアートっつうか、トイレ綺麗にしたらだいぶ平和になる国たくさんあると感じている。

 

トイレってゆう風呂よりもデリケートゾーンな世界を回していくというか、訴えるもの。

しかもガツガツ訴えるものでないってのがなによりすごい。びっくり。

 

自分を振り返る機会が多くなってきた最近。

老けたのかなんなのか?って感じなんだが。

わたしは幼少期から教会にいた。

別に捨てられたわけでなくて、とりあえず小学校受験のために、カトリックの勉強で、教会の土曜学校に通っていた。

 

土曜学校は、3時くらいから始まって聖書読んだり遊んだりして5時におやつ食べて解散。🍭

このおやつの時間のためにわたしはつまらない時間をひたすら我慢していた。待て、のイヌ状態だ。🐕

そこで学んだことは、自分のためより、人のためにすることがいかに素晴らしいかということ。あとは地道にがんばれば自分でも一番になれること。

 

だからかもしれないが、わたしは人より前に行くことに非常に抵抗がある。

とりあえずまず譲る。どうぞ。

自分が人に譲るところに美徳を感ずる。

自分が譲ることで、日本のコミュニティで何とは無しにうまくいっていた。

 

この感覚を見事にぶち壊してくれたのが、インド人たちだった🇮🇳

わたしの人生はダンスとインド人によって造られたといっても過言ではない。

けして、インドの人がゆずらないとかマナーがないとかではない。日本に住むインドの人はみんな日本人より日本人で、逆に恥ずかしくなることもある。

 

インドの人は気持ちをきちんという。

好きなものは好きだと言う。

哲学がある、そしてそれがかなりstrong

気持ちを言わないことの方が、ストレスがheartに入ると教えてくれる

仲間が大切だと教えてくれる

本当に大切にすべきことを教えてくれる。つまり、大切にすべきでないことも教えてくれる。

 

インドに限らず、日本は回りくどく人に何かを伝える。

わたしが最近嫌だと感じるものの一つに、

「否定するつもりはないけど」という言葉がある。いやそれ否定だろ、と思うし別に否定しようがいいじゃないかと思うわけだ。

自分がよく思われたいからそういう言い方をする。それよりはキライならきらいではっきりした方がコミュニケーションしやすい。

だからわたしは女子会が嫌いだ。

本当に本当に一番嫌いだ。パーティと同じくらい嫌いだ。笑笑

 

▲衣をつける意味について、考えてみた▲

今日。

天丼を食して感じたこと。

天ぷらの意味はなんだ??

天ぷらは、わざわざ肉や海鮮や野菜に衣をつけ揚げて食べる。

わたしははたと、この意味がわからなくなった。なぜ、衣をつけるのだろう?

素揚げはさすがにオイルやばいけど、わざわざ天ぷら粉をまぶってあげて、かさまし?ってこと?となんだか急に頭がはてなだらけになったのである。

 

 

 

モニカみなみ

 

 

伊藤計劃の小説が読みたかった。

f:id:fetiaminami179:20170520160109j:image

 

卵焼き。チーズ入り。

🧀

予想外にうまく焼けたのでテンションがあがる。絶対に卵焼きフライパンがなければ焼けないと信じていたので、こんな風に焼けるなんて自分でもびっくり。

要は慣れ、なんだろうか。

 

最近自炊が好きだ。

自炊は洗い物が面倒だから避けていたのだけど、やはり買い食いばかりだとオイルによって胃を責められるので、自炊したほうがいいことに気づいたのである。

 

今、新しいアートについて考えを巡らせている。新しいアート。わたしが生み出すもの。

ついこのあいだショックを受けてから、ずっと思っていたものが形になるのが見えてきた。

まだ言えないのだけど、どうやって作るかもわからない。

 

こういう時ってモヤモヤするよね。

やりたいのにまあ現状的に時を待て状態の時。

こういうのは本当に、「タイミング」って言うと思うんだよね。

最近ストレスで、人の思考に触れることがマジで嫌で、本当この世から批判とかなくなれって思った。批判がなくなり肯定だけになることも気持ち悪いことだって、とある小説で読んだけど。

嗚呼。

 

伊藤計劃の小説が読みたい。

伊藤計劃のハーモニーって小説はマジおすすめ。いま不満に感じたり不安だったりおかしいなって感じてることすべてが書いてある。

かれが若くして亡くなったことが残念でならないね。現代小説家で唯一DNAにフィットした人だったからさ。太宰系。

太宰も好きだけどね。わたしは表面夏目漱石からの内面太宰治だから。

 

こんな暗い記事書きながら、今聞いてるmusicはDef TechのThe Best Timeってゆうちぐはぐさに驚くよね。w

いやマジいい曲。神曲すぐる。癒しばんばん。

もう音楽くらい癒しの世界をくれ!ってな感じよね。

 

ストレスは、ストレスと感じた時にストレスなんだろうと悟った。だったら、ストレスでないと感ずればストレスではなくなるとわかったんだけども、結局無理やり感じなくしたところで行き場ない感情はどこへも行けないんだよね。

どこへも行けない感情は、結局自分の中に鉛みたいに沈殿していく。

そしてそれをわたしたちはストレスと呼ぶ。

 

悲しいな。なんか。

 

わたしはね、ビジネスマンになろうとしたわけ。昨日から今日の朝にかけて。

まあ、頑張れば慣れる。わたしにはできないことはないから。やる気の問題が大半でさ。

結局、さっき、衣装用のスパンコールいじってたら、ああ、もうビジネスとかどうでもいいなーって感じてきてさ。さっき孫子の本読んでたらさらにそう感じてきてさ。わたしがアートに感動感激した気持ちを、ビジネス成功してる人は感じてるんだなあって、感動感激と同時に絶望の淵まで立たされて、まあそのまま谷底へ落ちたわけだよ。

わたしはビジネスに感激したことは、一度しかない。一度、サクッとビジネスにした個展を開いた人をみて、すげー!って感動した。

ただ、心底気持ちをえぐられる感激は、アートでしかない。

生きてることを見せつけられる感覚。

 

わたしがこれから見せる世界。

それは、ぱっと見優しい。けど、本当は優しくもないし、優しくなくもない。

もっとバイオリズムに近いもの。細胞レベルで語りかけるもの。人間のミステリアスが滲み出るでしょう。

 

 

モニカみなみ

 

 

銀座駅地下のディスプレイが最高潮に可愛い件。

f:id:fetiaminami179:20170519123831j:image

最近なにをどうしたらいいのかが全く見えなくて、それこそ絵について全くわからなくなって。。。

 

わたしは自分の絵の薄っぺらさが嫌いで。

なんでこうなるかな?みたいな感じがとめどなく溢れていた。もちろん、描くことでしか乗り越えられないし描くだけなんだけどさ。

 

とっちらかりすぎたから、ちょっと一つの目標だけにターゲット置いてやってみると決めた。

 

ひとつは展覧会、個展なんだけども。

そしてもうひとつは、来年の絵のコンペティションだけども。

 

描く題材がいままではfantasyばかりだったけどrealityなものが欲しい。reality×fantasyだね。

だからそういった手法やら書き方やらになっていくと思う。

 

以前芸術にはダークネスが必要とかいたけどそれはまさしくそうで。この自分のぐちゃぐちゃな部分を強く乗り越えた先にある光をまた見たがってる。

ほっときゃいいのに、全然ほっとけないし。

なんかもう、余裕ないけどブログ書く余裕はあるのかあとかアイロニーだけども。

やるしかないね。

 

今日はオフだからひたすらデッサン下書き、ダンス筋トレがんばるよ。💃

 

話変わるけどいま銀座駅の地下のディスプレイがめっちゃいけてるよ。暇な人は見にいくといいかも˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚🌺🌺🌺🌼🌴ハワイアンな感じが激アツ。

 

 

モニカみなみ

駅前で座り込んだおんなのモノガタリ

f:id:fetiaminami179:20170515012953j:imagef:id:fetiaminami179:20170515012946j:image

 駅前で座り込んでこの世の終わりのごとく泣き叫ぶ女を見た。

傍らには男がいて慰めている。

女はいやだいやだと繰り返し、ただひたすらに泣いている。

 

駅中でひたすらにドラムを叩く練習をする男がいる。真っ黒なカバンに、ドラムのスティックを持ち、ひたすらに、弱々しく叩く。

ある朝彼を見かけたとき、いつもより覇気のある力強いドラムさばきを見せてくれた。

しかしながら近づいていくとスティックを箸の如くきれいに揃えてカバンにしまい、正座をしながら遠くの何かに説教をし始めた。

わたしは耳にイヤフォンをしていたため、聞き取ることができなかった。

 

人間は皆、それぞれの方向しか見ていない。

人間は皆、自分自身の世界で生きている。

貴方の世界を見ることはできない。

貴方も、わたしの世界を見ることはできない。

 

ただ、わたしを見つめるその美しい瞳を見ることはできる。

それは貴方も同じ。

 

お金持ちになる権利があるならば、貧乏になる権利もある。ニートになる権利もあれば、ホームレスになる権利もある。

健康でいる権利もあれば、病気になる権利もある。

 

テレビはなんのためにあるのだろう?

久しくテレビを見ていない。しかしながら平然と生きている。あの箱の中で、なにか虚構の別次元が展開されているのかと思うほど、ネットワークは異次元である。

いまの人間は、何次元に生きているのだろう。

土を踏みしめることをしていないと、どこを歩いているのか、物体までもがあやふやなものになり行く。それでは、私たちを形作る細胞は現実なのだろうか。

 

ある日総理大臣が変わって、その総理大臣がパンが大好きな人で、お金を廃止して、パンがお金と同じ意味を持つものとなると宣言したら、日本はどうなるだろうか🇯🇵

特にクロワッサンがお気に入りだから、クロワッサンは一万円以上の価値があるものとされたら、全国のパン屋さんと銀行はどうなるだろうか。

 

現代人はいま、”実感”に飢えている。

手で握りしめ足で踏みしめる確かな温度、感触がどれだけ人間を強く面白く味わい深くするのか、知りたいけどしれない子供がたくさんいる。

 

ふわふわの足元の中で生まれたものたちは、それは最強に毒を放ち、最強に夢を歌うものたちであると…

 

 

 

モニカみなみ

ベジタリアンに興味がある話。

f:id:fetiaminami179:20170514003844j:image

 

お米とか大好きなんだけどね、この頃ベジタリアンになりそうなんだ😆🌱🌱🌱🌾

いま、物理的にお金がなくて、食費があと5000円切っている。実は、フラメンコはじめてから、当たり前だけど生活がよりカツカツでw

まあでも、お金なくても家はあるから大丈夫なんだけどさ、あんまり焦りや苦しみもなくて。

お金大事やけどお金が全てではないんだなあと思ったりして。

逆に不必要なものをたくさん身体につけていく生活はどうなん?って思ったりして。

だからこそ、気づいた。

 

食費で何がお金がかかるか?

肉だ!🍖

ってことに気づいたw

 

肉買わなければ300円は浮くからかなり助かる。そうか、これを機にベジタリアン生活するかあ🐲♥️みたいな感覚になり、ベジタリアンヴィーガンについて調べて見た。

 

いまは時代が進化していてたくさんのヴィーガン料理屋さんとかがあるのね。

なんかね、お肉大好きなんだけどね、お肉とかの油が身体に負担なときもあるとわかってね。

そうゆうとき身体が重くて生産性も落ちるしあんまし良くないんかなあって思ったりして。。。

 

まあ、たまにでいいかなあと。

家で自炊するときは肉なし🥓生活もいいかなあと😊♥️

 

食べ物が体をつくる、は本当。

財布が食べ物を作り、食べ物が身体をつくる、も本当。

 

あしたは早起きしてトレーシーメソッド、そしてアルフォンと遊びます😘🌴🏖❤️

 

そのあと仕事。

 

 

 

 

モニカみなみ