読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生

1番はじめの習い事はピアノだった。3歳から始めたのに、ここまで何も起きなかった習い事はそうそうないだろう。音楽学校にも行かなければコンクールで入選止まり。高校時代にある日気づいた。あ、がんばらないと、目標は達成できないんだなと。

小さい頃なぜ練習しなければならないのかわからなかった。眠いから寝たら怒られた。私は絵が描きたいのに絵の学校に行くといえば非難された。お金も出してもらえなかった。それなのに、推薦でお嬢様学校に受からなかったから美大(たまたま受かった)に行けと言われた。

いまさら意味がわからなかった。わたしは歴史考古学を学びたかったから必死で探した学校に受かったのに、美大でなければお金を出さないと、親に土下座までされた。

 

だからわたしは、わたしをコントロールする人がすぐわかる。この人はわたしをこう操りたいだけ、こうしたいだけ、見栄のため、すぐ嗅ぎ分けられるし、だからついて行かない。

 

わたしはわたしが好きな服を着て、わたしが食べたいものを食べ、そして好きなだけ寝て働き、絵をかき、踊る人生を歩む。

誰と愛し合おうがセックスしようがわたしの自由だ。

 

かつて自由を踏みにじられたからこそ言う。

わたしは誰も恨んでいない。

ただ、全ては意味がある、はない。全部なるようにしかならない。

 

それが母の口癖だ。わたしがひどく安心する、口癖だ。

 

f:id:fetiaminami179:20170228154525j:image

 

みなみモニカ