読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巷で大流行りの除夜の鐘問題について。

 

わたしは実は、

 

除夜の鐘が、

 

非常に苦手です。

 

除夜の鐘に限らず、

 

鐘や、

 

金属片の、

 

あの響きあう音が、

 

それはそれは苦手です。

 

苦手とは、

 

好き嫌いもありますが、

 

単に嫌いなのではなく、

 

こう、

 

カーンという響く、

 

ある種くぐもった音が、

 

耳奥の鼓膜に突き刺さり、

 

脳内を駆け巡り、

 

ありとあらゆる脳神経を過敏に反応させ、

 

自分自身の中に、

 

音による渦が生まれ、

 

それによってわたしは、

 

恐怖を通り越した新たなる恐怖により、

 

しばらくの間支配され、

 

まるで、

 

車の前に飛び出した子猫のように、

 

身動きが取れなくなってしまいます。

 

これを、

 

もしかしたら、

 

神経質。

 

あるいは、

 

絶対音感と、

 

呼称するのかもしれません。

 

鐘に限らず、

 

例えば、

 

調理場のボウルに物がぶつかり響き渡る音、

 

それに加え赤ん坊の泣き声と

 

水の滴る音が合わさると、

 

非常に不快な音が生まれ、

 

わたしは大変な恐怖を押し殺しながら、

 

笑顔で、

 

必死に、

 

脳内の音を、

 

新たな音によって消す努力をするのです。

 

太鼓の音もそう、

 

輪ゴムの貼った音もそう。

 

風船を手で弾く音もそう、

 

シンバルの音、

 

寿司屋のガラス戸が閉まる音、

 

風で窓ガラスが揺れる音、

 

ベッドのきしむ音、

 

全てが恐怖です。

 

 

だからこそ、

 

わたしは鐘が廃止になっても、

 

たとえそれが伝統でも、

 

実は、

 

ほっとしているのです。

 

行く年来る年の鐘の音が怖くて

 

耳を塞いで布団から出られない人間です。

 

音は時に仲間であり、

 

恋人であります。

 

伴侶でもあります。

 

しかしながら、

 

最大の敵でもあります。

 

 

 

 

百仁華